テーマ:野生動物

野生動物 HANSA ハンサ 期間限定ショップ

2017年8月6日(日)~8月24日(木)まで、東京駅丸の内南口 地下1階改札外「動輪の広場」で、世界中で大人気のぬいぐるみブランド『HANSA(ハンサ)』の期間限定ショップを開催中です。 ※開催時間10:00~20:00 ●ペンギンたち アデリーペンギン(中央) ●お土産 ペンギンとスズメのマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アザラシ 【続々】オホーツクとっかりセンター

鳥類の基礎講座を受講するため、北海道江別市にある酪農学園大学まで出かけました。 その翌日は、北海道の中でまだ見たことがないエリアに行くことに決めていました。 翌日の早朝、札幌駅から特急スーパーカムイで旭川に向かいます。 特急スーパーカムイ 今回は、日本最北端の地「宗谷岬」を目的地に選びました。 カムイの車内で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野生動物 動物たちのSOS展

2014年3月1日(土)~31日(月)まで、横浜市立野毛山動物園で第9回「動物たちのSOS展」を開催中です。 このイベントでは、絶滅の危機に追い込まれている野生動物たちの現状について紹介しています。 野鳥からのSOSエリアに、テーマ「ヒナを拾わないで!」と「増やそうシジュウカラガン 減らそうカナダガン」の展示用パネルを設置してき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑感 サブレー

サブレーは、クッキーの一種で、小麦粉・砂糖・バター・卵などで作られた焼菓子です。 サクッとした軽い食感で、バターの風味が口いっぱいに広がる、私が大好きなお菓子のひとつです。 私のアンテナが日常的にキャラクターに向いているせいか、動物やキャラクターを模ったサブレーを良く目にします。 カエルサブレ(名古屋 青柳総本家)や小犬・小ね…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野生動物 ジャパンバードフェスティバル2013

2013年11月2日(土)~3日(日)まで、千葉県我孫子市手賀沼湖畔でジャパンバードフェスティバル(JBF)が開催されました。 JBFは、「鳥を自然を愛する人たちが、一堂に会する、年に一度のお祭り」で、会場隣の山階鳥類研究所と我孫子市鳥の博物館でも楽しめる、日本の鳥の一大イベントです。 http://www.birdfesta.…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

野生動物 海ゴミ展

2013年6月5日(水)~9月2日(月)まで、よこはま動物園ズーラシアで「海ゴミ展」を開催中です。 このイベントでは、写真やパネルと実際に神奈川県内で拾った海ゴミを展示して、海ゴミの現状と野生動物への影響について紹介しています。 私は、7月28日(日)に行われた海ゴミクイズと海ゴミワークショップにスタッフとして参加してきました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ご当地キャラ スカレーちゃん

9月に有効期間が満了する狩猟免許の、更新講習会の受講申請手続きのため、県の窓口がある横須賀市まで出かけました。 JR横須賀駅の改札を抜け駅舎の外に出ると、スカレーの像がお出迎えしてくれました。 カレーの街よこすか マスコットキャラクター「スカレーちゃん」 バス乗り場へ向かう途中で、左手に大きな船が見えてきました。 海…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野生動物 ミゾゴイ NHKニュース編

本日2月28日(木)朝7時台のNHKニュース『おはよう日本』で、「“幻の鳥”ミゾゴイを守れ」と題して、 第2のトキになるのではないかと危ぶまれているサギの仲間のミゾゴイが紹介されます。 野毛山動物園で保護、飼育されているミゾゴイ 私がボランティア活動している横浜市の野毛山動物園に取材が入り、2月23日(土)には特別講演会「…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

野生動物 三毛別ヒグマ事件

私の所属する野生動物救護獣医師協会(WRV)神奈川支部では、 神奈川の野生動物の現状と対策を考える研修会を毎年行っている。 ニホンザル、ツキノワグマ、アライグマとハクビシンによる 農作物や人に対する被害(獣害)が話題の中心となった。 近年の農作物被害と出会い頭の人身事故は、農業の後継者不足による耕作放棄地の増加や 里山の開…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野生動物救護活動 【続】オホーツクとっかりセンター

9月の連休を利用した、北海道DCイメージキャラクター「キュンちゃん」を巡る旅のついでに、 傷病アザラシの保護活動を行っている紋別市オホーツクとっかりセンターへ、 前回遠慮してしまったアザラシと一緒の写真を撮ってもらおうと再度出かけた。 前記事:野生動物救護活動 オホーツクとっかりセンター 札幌駅から特急スーパー宗谷で旭川に向…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

野生動物救護活動 オホーツクとっかりセンター

先日の北海道旅行の三つ目の目的は、紋別市にある傷病アザラシの保護活動を行っているオホーツクとっかりセンターの見学でした。 ※とっかり:アイヌ語でアザラシのこと ●とっかりセンター歓迎アーチ とっかりセンター(愛称:ゴマちゃんランド)は、日本で唯一ゴマフアザラシを中心にアゴヒゲアザラシとワモンアザラシなどのアザラシだけを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野生動物救護活動 ヒナを拾わないで

エサとなる虫が増えてくる春の季節は、野鳥の繁殖シーズンのはじまりです。 歩道を歩いていると巣立ち直後のヒナ(巣立ちビナ)を、ごくたまに見かけることがあります。 色が薄くて羽毛がポワポワしていて、地面にお尻をペタッとつけている格好は、誰が見ても可愛いものです。 ポツンとひとりでいると「迷子にでもなったの?」と、家まで持ち帰りたくなる…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

野生動物救護活動 野生動物リハビリテーター

NPO法人 野生動物救護獣医師協会(WRV)神奈川支部が平成17年から神奈川県と協働して行なってきた 『神奈川県野生動物リハビリテーター』の養成。 私は、このリハビリテーターの資格をとり、傷ついた野生動物を野生復帰させる活動や 人と野生動物との関わり方を伝える普及啓発活動をボランティアでしています。 神奈川県は野生傷病鳥獣保…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more